以下は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で相談の詳細を公開することは絶対にありません。秘密が外部に漏れることはありませんのでご安心ください。

高次脳機能障害の種類―京都市の例

京都市の後遺障害5級2号の高次脳機能障害

京都市の高次脳機能障害の相談の一例

〇京都府京都市で事故に遭い脳に障害を負ってしまった方
〇事故の後遺症で仕事や学業に支障をきたしている方
〇高次脳機能障害の種類について専門家に相談したい方

このような高次脳機能障害を負ってしまった方やそのご家族のお困りごとを、弁護士がサポートいたします。

私たち家族は父の脳の後遺症で困窮しています。父が京都市で車の事故に遭ってしまいました。医師からは他覚所見が認められると聞いています。

症状はどうですか?事故後の様子を教えてください。

日常生活はできるが、職場での協調的行動が非常に困難です。かつての様に働くことが出来なくなってしまいました。

お父さんの症状だと「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができない」という、後遺障害等級5級2号に該当する可能性があります。

父の看病で余裕がなく、後遺障害等級認定の申請手続きまでしている余裕がないので、弁護士さんにお願いしたいです。

高次脳機能障害に詳しい弁護士の解説

交通事故による高次脳機能障害で後遺障害等級5級2号が認定された場合の賠償金見積もりは3911万円になります。

※賠償金見積もり金額の前提と注意点
※一般的なシミュレーションに基づく金額であり、個別事案での賠償額を保証するものではありません。
※2017年12月末日現在施行されている民法の下での見込みの数値です。
(計算前提:5級2号の場合)
事故~治療終了:168日
入院期間:73日
休業日数:86日
事故時の年齢:64歳
事故前の年収:339万円

就労に困難が伴う後遺障害等級認定の参考基準には「意思疎通能力」「問題解決能力」「持続力・持久力」「社会行動能力」の4種類があります。

上記の事例の「日常生活はできるが、職場での協調的行動が非常に困難」な状態は「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができない」の「一般人に比較して作業能力が著しく制限されており,就労の維持には職場の理解と援助を欠かすことができない」状態に該当する見込みがあるため、後遺障害等級5級2号が認められる可能性があります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

アトムの示談金の増額実績

アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

事故LINE弁護団のご案内

アトムの「事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-424-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談