被害者が後遺障害等級1級を負った傷害事件の事例

認容額 3995万4732円
年齢 82歳
性別 男性
職業 不明
傷病名

脳挫傷,外傷性くも膜下出血及び頭部挫創

後遺障害の等級 1級
症状・事故類型名 道路以外の事故、
判決日 平成26年10月17日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

本件事故は、平成22年5月2日午後6時すぎころ、東京都江東区付近の路上において発生した。加害者は、事件発生の約10年前から、被害者から嫌がらせを受けているとして、被害者に対する憎悪の念を募らせていたところ、被害者と出会った際、積年の恨みから、被害者に対し、被害者が持っていた杖を取り上げてそののど元に突きつけ、「二度と人ん家に変なことすんな」などと怒鳴りつけたが、被害者がそれに返答しなかったことにさらに腹を立て、その胸ぐらを両手でつかんで前後に揺さぶり、その左頬辺りを右手で押して被害者を路上に転倒させて頭部を路面に打ちつけさせ、その顎を足で蹴り、胸元を足で踏みつけるなどの暴行を加えた。

被害者の入通院治療の経過

本件事故により被害者は、109日間の入院をし、退院後は通院と投薬治療を行っている。

後遺障害の内容

本件事故による被害者の後遺障害は、高次脳機能障害のため生活維持に必要な身の回りの動作に全面的な介護を要するものと認められ、後遺障害等級1級に該当する。

判決の概要

本件事故は、被害者が、加害者に対し、加害者から胸ぐらをつかまれ路上に転倒させられた結果、傷害を負い、高次脳機能障害の後遺障害を生じたとして、不法行為に基づく損害賠償を求めた事案で、被害者は85歳であり、加害者の行為によって近親者の介護費用が増加したと主張したところ、デイサービス等の利用によって近親者介護の負担が減免されている場合にはこれを考慮すべきであるとして、被害者の請求を一部認容した事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 28万4100円
入院付添費 70万8500円
入院雑費 16万3500円
通院交通費 5000円
通院付添費 29万3397円
将来介護費 2363万0060円
慰謝料 2988万円
通院医療費 8万9457円
文書料 1500円
装具等購入費 25万4298円
家屋改造費 27万1200円
保佐開始申立費用 8500円
損益相殺 -1926万4780円
弁護士費用 363万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

あわせて読みたい

アトムの示談金の増額実績

アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

事故LINE弁護団のご案内

アトムの「事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-424-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談