高次脳機能障害を行政書士に相談するメリットは?

交通事故で高次脳機能障害を負ってしまった方やそのご家族へ。加害者に賠償金を支払って欲しくても、どうやればいいのか、誰に頼むといいのか分からないことも多いと思います。

このページでは、賠償金の支払いを求める選択肢の1つである、行政書士の職務についてご紹介いたします。

行政書士は何をしてくれる?

交通事故で高次脳機能障害を負ってしまった場合、行政書士に依頼をするとどんなことをしてくれるのでしょうか。

行政書士は、後遺障害等級認定の申請を代わりに行ってくれます。この認定は、後の交渉や裁判で重要な要素となります。

交通事故で高次脳機能障害を負ってしまった場合、事件の処理の一部を行政書士に依頼することも選択肢の一部です。

行政書士は、被害者に代わり、後遺障害等級認定の申請を行ってくれます。これにより、被害者は煩雑な手続きから解放されます。

以下では、行政書士の後遺障害等級認定申請につき、より詳しくご紹介します。

行政書士の職務内容とは

行政書士は、官公庁に提出する書類の作成等を主な業務としています。

そして、交通事故における業務内容は、交通事故による障害について、後遺障害等級認定のための申請を、自賠責保険会社に行うというものになります。

後遺障害等級認定の重要性

そもそも、後遺障害等級とは、自賠責保険や労災保険の適用により被害者に支払われる金額の基準を決定するため、損害保険料算出機構という第三者機関が認定するものです。

しかし、実務では、交通事故の加害者に損害の賠償請求をする際の金額を計算する基準としても用いられているため、より高い後遺障害等級の認定を受けることが、より適正な慰謝料獲得の重要なポイントとなります。

後遺障害等級認定の申請を行政書士に依頼するメリット

後遺障害等級認定の申請を行政書士に依頼するメリットとしては、行政書士の文書作成スキルにより、必要十分な内容と資料を含んだ申請ができるという点が挙げられます。

また、行政書士費用は弁護士費用よりも安価であることが多く、価格が安いというメリットもあるでしょう。

行政書士の職務内容 ・官公庁に提出する書類の作成等
・交通事故においては、後遺障害等級認定の申請
後遺障害等級認定の重要性 加害者への損害賠償請求の際の金額の基準になる
後遺障害等級認定の申請を行政書士に依頼するメリット 行政書士の文書作成スキルにより、必要十分な内容の後遺障害等級認定の申請ができる上、価格も安い

行政書士と弁護士の違いは?

弁護士と行政書士の違いは、どのようなところにあるのでしょうか。

取り扱える業務の範囲に違いがあります。大きい違いは、紛争処理について、弁護士はできるが行政書士はできない、という点でしょう。

紛争処理・・・?もっと詳しく教えてください

弁護士の職務と行政書士の職務

弁護士の職務と行政書士の職務の大きな違いは、当事者間に紛争性がある案件(相手方との争いがある案件)の業務ができるか否か、という点にあります。

弁護士は、弁護士法により、法律的な紛争全般につき、弁護活動を行うことができます。しかし、行政書士は、相手方との争いがある案件(金額面の折り合いがついてない、支払う時期の合意がなされてない等)については、職務を行うことができません。

すなわち、行政書士は、既に当事者間で話がまとまっている合意の、合意書の作成はすることができますが、いまだ合意に至っていない段階で、交渉をしたり相手方に書面を送ったりすることができないのです。

(行政書士と弁護士の職務の違い)

職種 可能な業務内容
行政書士 ・官公庁へ提出する書類の作成
・紛争性がない案件についての書類作成 等
弁護士 法的問題に対する対応全般

弁護士と行政書士、どちらに依頼すべきか

交通事故により高次脳機能障害が生じた場合、行政書士と弁護士のどちらに依頼をするべきかは、金額面と職務内容を吟味して決定するべきでしょう。

行政書士であれば、比較的安価な料金で後遺障害等級認定の申請を行ってくれる代わりに、その後の慰謝料請求等の手続きは被害者本人がやるか、新たに弁護士をたてる必要があります。

一方、弁護士であれば、全ての事務を行える代わりに、費用が高額の場合も多いです。(弁護士費用特約のついた保険に加入されている方は費用の心配はありません)

両者の性質を理解した上で、例えば後遺障害等級の認定までは行政書士に依頼し、その後は弁護士に依頼する等、柔軟に検討することが望ましいでしょう。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

出張訪問相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が不慮の事故により高次脳機能障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに出張訪問し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

出張訪問相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の出張訪問相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、出張訪問相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。

事故LINE弁護団のご案内

アトムの「事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご案内

アトム法律事務所は、事故の被害者側の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です。
あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談