高次脳機能障害の家族への対応方法ガイド

ご自身が高次脳機能障害になってしまった方や、ご家族が高次脳機能障害になってしまった方へ。

高次脳機能障害の治療には、ご家族のサポートがとても重要になります。現在そのサポートで苦労されている方も多いでしょう。

このページでは、高次脳機能障害になってしまったご本人やそのご家族に向けて、家族での対応方法についてご紹介します。

ご自分が高次脳機能障害を負ってしまったら

ある日突然自分が高次脳機能障害になってしまった場合、どうすればいいのでしょうか。

まずは、体の異変をきちんとご家族に説明することが大切でしょう。

そうですよね。周りのサポートは絶対に必要ですもんね。

高次脳機能障害になってしまった場合、今までできていたことが突然できなくなってしまうという、非常に辛い症状が起こります。認めたくないと感じることも多いでしょう。

しかし、高次脳機能障害に対応するためには、ご家族のサポートが不可欠です。まずは素直に家族の協力を求め、サポートしてもらう体制を構築してもらいましょう。

高次脳機能障害への対応の第一歩

高次脳機能障害に対応するためには、まずはご家族に、何ができて何ができないのかを伝えることが重要です。

高次脳機能障害は非常に症状が多様であるため、本人の症状は本人にしか分かりません。家族と情報を共有することが、重要なサポート体制を構築する第一歩と言えます。

自分でできる代替手段を検討する

高次脳機能障害では、今までできてきた様々なことに支障が出てきます。そうなってしまったら、とりあえずは仕方ありません。その症状を認めて、できる限り自分で解決できるようになる代替方法を見つけましょう。

例えば、記憶障害が生じている場合には、頻繁にメモをとる癖をつける、遂行機能障害が生じている場合には、行うべき行動がすぐにわかるように紙を貼りだしておく、等です。

症状の種類 代替手段の例
記憶障害 覚えておくべき事柄をメモする癖を付ける、行動をパターン化する、携帯電話のアラーム等を活用する   等
注意障害 生活で目につくところにメモを貼っておく、作業を行うときは注意力が失われにくい整理整頓された状況で行う   等
遂行機能障害 家族や同僚などの協力のもと、作業の手順を示した表などを作成しておく、自分が今から行う作業を口に出すなどして確認する癖を付ける   等

ご家族が高次脳機能障害を負ってしまったら

ある日突然家族が高次脳機能障害になってしまった場合、家族としてできることはなんでしょうか。

第一に、その症状を理解してあげると言うことでしょう。高次脳機能障害で理解されないことは、とても辛いことですから。

そうですよね。きちんと理解して接してあげることが一番ですよね。

高次脳機能障害の理解のためには

高次脳機能障害は、今までできてきたことができなくなる点で、本人だけでなくご家族も認めたくないと感じることはあるでしょう。

しかし、現状を認めない限り、本人に必要な十分なサポートができることはありません。

本人と同様に、ご家族もまずは高次脳機能障害になってしまった現状を受け入れることが必要となります。

想像力の重要性

高次脳機能障害の症状は、その程度だけでなく種類も様々です。たとえ医師であろうと本人の症状を完全に理解することはできません

そのため、日頃から本人の近くにいるご家族が本人の状態を察し、想像力を働かせて、本人のためには何が重要なのか、何が必要なのかを考える必要があります。

ご家族の対応のポイント
・まずは高次脳機能障害になってしまった現状を理解する
・想像力を働かせ、本人のために重要なことを考えて対応する
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

アトムの示談金の増額実績

アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

事故LINE弁護団のご案内

アトムの「事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-424-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談