高次脳機能障害の定義・意味ガイド

高次脳機能障害は、さまざまな辛い症状を伴うのに、まだまだ社会的に理解されているとは言えず、大変ですよね。

このページでは、高次脳機能障害の定義や意義などの基本的な情報について、簡単にご紹介しています。

高次脳機能障害とは

高次脳機能障害とは、具体的にどういったものなのでしょうか。

高次脳機能障害とは、脳の認知機能(高次脳機能)に障害が生じている状態をいいます。原因としては、病気や外傷により脳の一部が損傷されることが考えられます。

認知機能の障害とは、具体的にどういったものですか?

例えば、何事にも忘れっぽくなったり、注意力が散漫だったり、感情を抑えることができない等、人間の精神機能に障害がある場合をいいます。

高次脳機能障害の原因

高次脳機能障害の原因で最も多く認められるのは、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血等の脳血管障害です。脳血管の障害により、脳に十分な酸素が行き渡らず、脳が損傷してしまうためです。

次に多いのは、外傷性の脳の損傷です。交通事故等により脳に強い衝撃が加わることで、脳が損傷するためです。

その他にも、ウイルスによる脳炎や、低酸素脳症等により発症することもあります。

原因の種類 具体的な病名等
脳血管障害 脳梗塞脳出血くも膜下出血
外傷性脳損傷 交通事故転落事故等による脳外傷、頭部外傷等
その他 脳炎、低酸素脳症等

高次脳機能障害の問題点

高次脳機能障害は、身体的な障害と異なり、外部から明らかでないのみならず、その障害の程度が様々であることから、本人にもその自覚がないことが多いという問題があります。

そのため、周囲の人達に理解をしてもらえず、高次脳機能障害者の苦しみの原因の一つになっています。

高次脳機能障害に該当する具体例

高次脳機能障害の症状には、どういったものがあるのでしょうか。

人間の精神機能に関する非常に様々な症状が存在します。例えば、記憶障害注意障害の他、行動や感情を適切にコントロールできない行動機能障害などがあります。これでも、症状のごく一部です。

そんなにたくさん症状があるんですか。大変ですね…。

高次脳機能障害の症状

高次脳機能障害には、さまざまな症状があります。

まず一般的なのは、記憶障害です。記憶障害には、事故以前の記憶が無くなる場合新しいことを記憶できない場合との両方を含みます。

また、気が散り易く、一つのことに長時間集中できないといった注意障害も多く認められます。他にも、自分で計画をたてたり、効率よく業務をこなせない等の遂行機能障害や、すぐ怒ったり泣いたり、欲求を押さえられなかったりする社会的行動障害もあります。

症状 具体例
記憶障害 ・物の置き場所を忘れる
・自分が今何をしようとしたか分からなくなる
・事故前の記憶が無くなる
注意障害 ・ぼんやりする時間が長い
・同じ作業を長く続けることができない
遂行機能
障害
・計画を立てられない
・指示を受けないと行動できない
社会的
行動障害
・すぐ怒ったり泣いたり、感情を抑えられない
・欲求が抑えられない
・じっとしていられない

高次脳機能障害のような症状があったら

高次脳機能障害の症状は、いずれも軽度であれば、その人の個性と判断されやすく、高次脳機能障害と判明するのが難しいとえます。

そのため、少しでも高次脳機能障害の疑いがある場合には、早めに医療機関での診察をうけると良いでしょう。

仮に高次脳機能障害でないと分かっても、高次脳機能障害でないと判明したことが、その人の大きな利益となります。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

アトムの示談金の増額実績

アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

事故LINE弁護団のご案内

アトムの「事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-424-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談