自転車と車の衝突事故で後遺障害3級を負った事例

認容額 5177万8350円
年齢 16歳
性別 女性
職業 高校生
傷病名

重症頭部外傷、脳幹損傷、び慢性軸索損傷、脳挫傷、外傷性くも膜下出血

後遺障害の等級 3級
症状・事故類型名 自転車事故、
判決日 平成26年6月27日
裁判所 名古屋地方裁判所

交通事故の概要

本件事故は、平成21年12月8日午前7時30分頃、名古屋市緑区神沢3丁目1928番地2先の信号機による交通整理の行われていない交差点において発生した。被害者が運転していた自転車の右側部と、加害者が所有し運転していた車の前部が衝突し、被害者は、その衝撃ではね飛ばされ、石垣に頭をぶつけるなどした。

被害者の入通院治療の経過

本件事故により被害者は、132日間の入院と、実日数54日間の通院をして治療を行った。

後遺障害の内容

本件事故による被害者の後遺障害は、高次脳機能障害が5級2号(神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの)、右前額部及び頸部の線状痕が7級14号、頭部外傷後の複視が10級2号にそれぞれ該当し、視力低下及び右臀部の瘢痕は後遺障害には該当せず、併合3級に当たると判断された。

判決の概要

本件事故は、信号機による交通整理が行われていない見とおしの悪い交差点において、被害者搭乗の自転車と加害者運転の普通乗用自動車とが出会いがしらに衝突した事故につき、加害者には交差点通過に当たり左方の安全確認を怠った過失があったが、被害者にも交差点に進入する前に一時停止したものの右方の安全確認を怠った過失があったとして30%の過失相殺を認めた事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 189万4267円
入院付添費 76万8600円
入院雑費 19万6500円
通院交通費 3万9280円
通院付添費 13万2000円
将来介護費 702万2271円
逸失利益 6507万5932円
慰謝料 2273万円
家族付添の駐車場代 2万7350円
予備校と家庭教師代 178万8510円
文書料 2万7150円
既払金 -2644万6582円
確定遅延損害金 410万3630円
弁護士費用 433万円
過失相殺 -2991万0558円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

あわせて読みたい

アトムの示談金の増額実績

アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

事故LINE弁護団のご案内

アトムの「事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-424-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談