信号無視の車と衝突し後遺障害4級を負った事例

認容額 7721万2109円
年齢 59歳
性別 女性
職業 主婦
傷病名

脳挫傷、頭蓋骨骨折、眼窩吹き抜け骨折、肺挫傷、骨盤骨折、右上腕骨骨折、右大腿開放骨折、右足関節骨折、左脛腓開放骨折等

後遺障害の等級 4級
症状・事故類型名 自転車事故、
判決日 平成25年9月26日
裁判所 大阪高等裁判所

交通事故の概要

本件事故は、平成20年5月9日午後3時20分ころ、大阪市大正区三軒家東6丁目7番18号付近信号で規律されている交差点において、青信号で交差点に進入した被害者の自転車と、赤信号で交差点に進入した加害者の車両が衝突した。

被害者の入通院治療の経過

本件事故により被害者は、409日間の入院と、13日間の通院をして治療を行った。

後遺障害の内容

本件事故にいよる被害者の後遺障害は、高次脳機能障害の神経系統の障害が5級2号、右肩関節の機能障害が10級10号、右足系列の障害(右股関節の機能障害12級7号、右膝関節の機能障害12級7号)が併合11級、右下肢の短縮障害が13級8号、左股関節の機能障害が12級7号、複視が13級2号。これらを併合して4級と認定された。

判決の概要

本件事故は、高次脳機能障害と四肢機能障害を合わせて4級相当の被害者の将来の介護費につき、その症状に照らすと、今後職業付添人が必要となる蓋然性は認められないが、将来にわたって近親者による介護の必要があるとして、一日当たり3000円相当の損害を認めた事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 491万6110円
入院付添費 249万3000円
入院雑費 61万3500円
将来介護費 1631万3310円
休業損害 717万0328円
逸失利益 2705万8045円
慰謝料 2130万円
家屋改造費 470万9316円
文書料 4万3050円
任意保険既払 -610万7860円
確定遅延損害金 1059万3310円
自賠責既払 -1889万円
弁護士費用 700万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

あわせて読みたい

アトムの示談金の増額実績

アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

事故LINE弁護団のご案内

アトムの「事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-424-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談