安全確認を怠り交差点内で歩行者と車が衝突した事例

認容額 1349万2647円
年齢 43歳
性別 女性
職業 美容師
傷病名

右近視性乱視、左調節障害、左後部硝子体剥離、頸部捻挫、右膝打撲傷、腰部捻挫、外傷性くも膜下出血、右頬骨骨折等

後遺障害の等級 7級
症状・事故類型名 被害者が歩行者の事故、
判決日 平成24年3月22日
裁判所 神戸地方裁判所

交通事故の概要

本件事故は、平成14年11月6日午後7時50分ころ、兵庫県津名郡津名町志筑3117番地の1付近道路の、交通整理の行われていない交差点において発生した。加害者が普通乗用自動車を運転して、本件交差点を右折進行するに当たり、交通閑散に気を許し、徐行せず、右方道路の交通の安全を十分に確認しないまま漫然と時速約20kmで右折進行した過失により、被害者の発見が遅れ、右にハンドルを切るとともに急制動の措置を講じたものの間に合わず、被害者に自車右前部を衝突させて路上に転倒させた。

被害者の入通院治療の経過

本件事故により被害者は、25日間の入院と、実日数69日間の通院をして治療を行った。

後遺障害の内容

本件事故により被害者には、一般就労を維持できるが、作業の手順が悪い、約束を忘れる、ミスが多いなどのことから一般人と同等の作業を行うことができず、神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないものとして、脳ないし精神の障害については、7級4号に該当する。

判決の概要

本件事故は、過失割合について加害者は、夜間に片側一車線の道路を走行してきて、本件交差点を右折して交差道路に進入しようとした際、進行方向右側の交差道路を横断していた被害者を約4m前方に認めて、ハンドルを右に切るとともに急ブレーキをかけたものの間に合わず、本件事故を生じさせたこと、本件当時には歩行者がいないものと思いこんで、右前方の安全確認を怠り、徐行もしていなかったこと、被害者が横断していた付近には横断歩道はなかったことが認められるため、被害者10%、加害者90%とするのが相当であるとした事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 118万5900円
入院付添費 15万円
入院雑費 3万2500円
通院交通費 83万0380円
通院付添費 20万7000円
休業損害 669万9000円
逸失利益 2791万0704円
慰謝料 1240万円
素因減額 -2470万7742円
損益相殺 -996万4320円
弁護士費用 122万円
過失相殺 -247万0775円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

あわせて読みたい

アトムの示談金の増額実績

アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

事故LINE弁護団のご案内

アトムの「事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-424-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談