転倒した際に後続車と衝突して負傷した事故の事例

認容額 2177万7543円
年齢 22歳
性別 男性
職業 大学生
傷病名

頭部外傷、脳挫傷、びまん性脳損傷、肺挫傷等

後遺障害の等級 2級
症状・事故類型名 バイク事故、
判決日 平成23年9月22日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

本件事故は、平成17年12月4日午前0時18分ころ、東京都練馬区谷原2丁目1番先の交差点において発生した。被害者の普通自動二輪車が第三車線を西から東に向かって走行していたところ、被害者の自動二輪又は被害者の身体が、本件交差点内において、先行していた原動機付自転車又はその運転者の身体に接触するなどして、被害者の自動二輪又は被害者の身体は、第二車線側に向かって転倒又は転倒しようとし、その時又はその直後、第二車線から本件交差点に直進して進入してきた加害者の車に衝突した。

被害者の入通院治療の経過

本件事故により被害者は、238日間の入院と、実日数58日間の通院をして治療を行った。

後遺障害の内容

被害者の本件事故による後遺障害について、自賠責保険では、頭部外傷に伴う精神・神経系統の障害について後遺障害等級3級3号、外貌醜状について12級14号、これらを併合して2級の認定を受けた。

判決の概要

本件事故の過失割合につき、事故は、右折車線において前方不注視かつ不適切な運転操作によって先行原付自転車ないしその運転者に接触して第2車線に投げ出されるようにして転倒した被害者が、交差点を青信号に従って直進走行してきた加害者の車と衝突して轢過されたものであることから、被害者の過失が重大であることが明らかであり、加害者において回避措置をとることができたと認められるものの、回避措置は容易に行い得るものではなかったともいえるとして、被害者が自動二輪車であることも考慮し、被害者80、加害者20と認めた事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 351万4690円
入院付添費 274万3000円
入院雑費 35万7000円
通院交通費 12万3260円
将来介護費 3423万9712円
逸失利益 1億1451万5404円
慰謝料 2684万円
通信費及び文書料 6795円
既払金 -1806万1000円
確定遅延損害金 153万0931円
弁護士費用 184万円
過失相殺 - 1億-4587万0449円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

あわせて読みたい

アトムの示談金の増額実績

アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

事故LINE弁護団のご案内

アトムの「事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-424-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談